【佛教史学研究】第57巻第1号 2014年11月25日発行 

論文

  • 岡田英作
    『大乗荘厳経論』「種姓品」における種姓説 ―『瑜伽師地論』における種姓説の受容をめぐって―
  • 清水俊史
    パーリ上座部における相続転変差別 ―経部と上座部の接点―
  • 森 新之介
    法然房源空の道心論 ―出離生死と心性の関連について―
  • 安田純也
    高麗時代の談禅法会 ―普済寺談禅を中心として―

研究ノート

  • 佐々木 勇
    板東本『教行信証』引用「日蔵経」「月蔵経」の依拠本について

特別講演

  • 宮治 昭
    仏像を読み解く ―ガンダーラから中国へ―

書評

  • 山本 琢
    梅田千尋著『近世陰陽道組織の研究』

新刊紹介

  • 中井裕子
    平井俊行著『近世妙心寺建築の研究』
Bookmark the permalink.

Comments are closed