【佛教史学研究】第52巻第1号 2009年10月25日発行

論文

  • 庄司 史生
    「チベット語譚『八千頌般若波羅蜜多』の系統分類とその基準」
  • 日沖 敦子
    「髪繍に込めた祈り -漂泊僧空念の歩み-」
  • 伊藤 幸司
    「日明交流と雲南 -初期入明僧の雲南移送事件と流転する「虎丘十詠」-」
  • 藤原 崇人
    「契丹(遼)の立体曼荼羅 -中京大塔初層壁面の語るもの-」

特別講演

  • 上山 大峻
    「出土文献と仏教史研究 -敦煌資料研究からの発言-」

書評

  • 野世 英水
    「木場明志・程舒偉編 『日中両国の視点から語る 植民地期満州の宗教』」
  • 江上 琢成
    「池見澄隆著 『慚愧の精神史 「もうひとつの恥」の構造と展開』」

その他

  • 彙 報
Bookmark the permalink.

Comments are closed.