【佛教史学研究】第54巻第1号 2011年11月25日発行

論文

  • 山中 行雄
    「タイ北部ラーンナー王国で成立したパーリ語注釈書の重要性について -Vessantaradipantiを例として-」
  • 大平 浩史
    「南京国民政府成立期における仏教界と廟産興学運動 -新旧両派による「真の仏教徒」論を中心として-」
  • 繁田 真爾
    「清沢満之「精神主義」再考 -明治後半期の社会と「悪人の宗教」-」
  • 有働 智奘
    「古代日本と百済における仏教と神祇 -韓国・益山弥勒寺址出土「金製舎利奉安記」銘文中の「下化蒼生」について-」

その他

  • 彙 報
Bookmark the permalink.

Comments are closed