10月例会 2017年10月21日( 土 )開催

◆10月例会のご案内
題  目 :則天武后の光宅寺建立縁起と大雲経疏の普及
     ―仏教縁起と予兆表象に基づく文化的統一概念形成の諸因をめぐって―
報  告 :山内 敏輝さん(京都中文学院上級中国語研修生)
日  時 :2017年10月21日( 土 )午後2時より
場  所 :龍谷大学 大宮学舎 清風館3階共同研究室(通常と建物が異なります!)
参考文献:アントニーノ・フォルテ「『大雲経疏』をめぐって 」
         (講座敦煌7 『敦煌と中国仏教』〔第Ⅰ部第九章の論考〕1984年、大東出版社)
     山内敏輝「則天武后の官制改革と仏教ー弥勒仏信仰と「聖」官僚支配の変革をめぐって」
         (『龍谷大学大学院文学研究科紀要』第38集、2016年)

◎事前申込不要・無料。一般の方の来聴も歓迎します。
◎例会発表者を随時募集しております。
 (例会専用)  bukkyoushigaku@freeml.com

◇ご所属の機関等でのご紹介、ご掲示等をお願いします。
◇佛教史學會Webサイト http://bukkyoshigaku.jp

◆予告:今年度大会 11月18日(土)於:龍谷大学
詳細は後日お知らせいたします。

仏教史学会事務局
〒603-8143 京都市北区小山上総町
大谷大学 松浦研究室内 Tel.075-432-3131(代)

Bookmark the permalink.

Comments are closed