【佛教史学研究】第51巻第1号 2008年12月10日発行

論文

  • 津田 明雅
    「ナーガルジュナの諸著作 -思想の考察と著作の分類の試み-」
  • 橘堂 晃一
    「ウイグル語訳『観弥勒上生兜率天経賛』について」
  • 宮崎 泉
    「『禅定灯明論』に説かれる漸門派説について」
  • 曽根原 理
    「徳川家康年忌行事と延暦寺」

書評

  • 中村 一晴
    「小原 仁著 『中世貴族社会と仏教』」
  • 吉田 一彦
    「遠藤 一著 『中世日本の仏教とジェンダー-真宗教団・肉食夫帯の坊守史論-』」
  • 平田 徳
    「大桑 斉・前田 一郎編『羅山・貞徳「儒仏問答」註解と研究』」

新刊紹介

  • 鍛代 敏雄
    「大桑 斉著 『戦国期宗教思想史と蓮如』」

その他

  • 佛教史学関係出版目録(2007)
  • 彙 報
Bookmark the permalink.

Comments are closed.