【佛教史学研究】第57巻第2号 2015年3月25日発行 

論文

  • 大西磨希子
    奈良国立博物館所蔵 刺繍釈迦如来説法図の主題 ―則天武后期の仏教美術―
  • 西 弥生
    東寺蔵「弘法大師行状絵」の詞書 ―観智院賢宝の編纂意図―
  • 宮嶋純子
    道宣『釈迦方志』にみる、唐代佛教学者の世界観
  • 清水俊史
    説一切有部修道論における業滅の教理展開

研究ノート

  • 城福雅伸
    『興福寺奏状』は何を問題にした訴状なのか ―平雅行氏の批判に答え、その「破綻論」の破綻を論ず―
  • 森新之介
    顕密体制論の現在と未来 ―思想史研究からの問題提起―

書評

  • 市野智行
    齊藤隆信著『漢語仏典における偈の研究』
  • 大桑 斉
    蒲池勢至『真宗民俗史論』

新刊紹介

  • 藤原崇人
    佐藤文子・原田正俊・堀裕(編)『仏教がつなぐアジア 王権・信仰・美術』
  • 関山麻衣子
    大艸啓著『奈良時代の官人社会と仏教』

第9回佛教史學入門講座「知られざる僧侶の足跡」講演録

  • 西村 玲
    アジアの中の江戸仏教 ―学僧たちの中国・インド、そして近代へ―
  • 市川良文
    中央アジアのオアシス仏教 ―出土資料にみる鄯善国の僧侶たち―

目録

  • 仏教史学関係出版目録(2013年)
Bookmark the permalink.

Comments are closed