【佛教史学研究】第53巻第1号 2010年10月25日発行

論文

  • Orion KLAUTAU
    「十五年戦争期における日本仏教論とその構造 -花山信勝と家永三郎を題材として-」
  • 中田 美絵
    「唐代徳宗期『四十華厳』翻訳にみる中国仏教の転換 -『貞元録』所収「四十華嚴の條」の分析より-」
  • 河上 麻由子
    「唐の皇帝・皇太子の受菩薩戒 -太宗廟を中心に-」

記録

  • 【 第60回大会シンポジウム 】
    戦後仏教史学の回顧 -新たな研究の地平をめざして-
    〔 基調報告① 〕
    下田 正弘 「日本の仏教学の120年を回顧して」
    〔 基調報告② 〕
    氣賀澤 保規「中国南北朝隋唐期をめぐる仏教社会史研究の地平」
    〔 基調報告③ 〕
    林 淳 「学問史から見た仏教史学会」
    〔 討 論 〕

書評

  • 米澤 実江子
    「中西随功著 『證空浄土教の研究』」
  • 根井 浄
    「薗田香融編著 『南紀寺社史料』」

その他

  • 彙 報
Bookmark the permalink.

Comments are closed