第11回 佛教史学入門講座を開催します。

佛教史学会では、佛教史の初学者(学部生・大学院生)を研究へお誘いし、佛教史学研究に少しでも興味持っていただけるよう、毎年「佛教史学入門講座」を催しております。今年度も以下の要領にて開催いたします。
多数の方々のご参加をお待ちしております。

 

第11回 佛教史学入門講座

日時:9月24日(土) 14:00開演(13:30開場 17:00終了予定)
場所:龍谷大学大宮学舎 清和館3階ホール

・挨拶・趣旨説明  14:00~14:15

・講演1  14:15~15:00
      講師:師 茂樹先生 (花園大学教授)
      講題:お坊さんが伝記を書くということ――宗教行為としての伝記著述

・講演2  15:05~15:50
      講師:下坂 守先生 (京都国立博物館名誉館員)
      講題:山法師の富と力――中世延暦寺の経済基盤

・Q&A 質疑応答 16:00~16:30

・仏教史学会編『仏教史ハンドブック』の紹介  16:30~17:00

2016_入門講座チラシ 配布用

Bookmark the permalink.

Comments are closed