1月特別例会 2013年1月27日(日)開催

2013年最初の例会は、特別例会としてミニシンポジウムを開催いたします。是非ご参加ください。

開催曜日が通常の例会とは異なりますのでご注意下さい。

  • 報告者:
    松金直美(同朋大学仏教文化研究所)
    「近世仏教教団の「切支丹」に対する認識と対応 -京坂「切支丹」一件を通して」
    岩田真美(龍谷大学文学部)
    「幕末維新期における真宗僧のキリスト教観」
    西村玲(公益財団法人中村元東方研究所)
    「近世・近代仏教におけるキリスト教観 -禅仏教の視点から」
  • コメンテーター:
    末木文美士(国際日本文化研究センター)
    谷川穣(京都大学)
    Orion KLAUTAU(龍谷大学)
  • 司会:守屋友江(阪南大学)
  • 日時:2013年1月27日(日)午後2時~5時
  • 場所:龍谷大学大宮学舎西黌2階 大会議室

事前申込不要・来聴無料です。一般の方の来聴も歓迎いたします。

Bookmark the permalink.

Comments are closed